昨日の「星の鑑賞会」

2011年08月10日 9:17 カテゴリー:おしらせ
昨日(8月9日)、星の鑑賞会が予定通り開催されました。8割方青空(?)が広がった天空の下、たくさんの参加者にお集まりいただきました。朝から1日中、谷川岳の山頂がくっきりと見えるというこの時期にはめずらしく天気にも恵まれました。
参加された皆様の顔触れは、親子連れファミリーが一番多く、若いカップルやシルバーカップル、3世代家族もちらほらと実に広範囲の世代のみなさんが会場一杯に広がり、持ち込んだシートに寝転んで空を見上げたり、星のガイド(今日13人)のレーザーポインターによる星座の説明に熱心に耳を傾けたりして思い思いの場所で星空を楽しみました。
特に、天体望遠鏡で眺める星座には肉眼では見えない星の観察が出来、ガイドの熱のこもった星空案内とも相まって参加者の感動の声があちらこちらで聞こえていました。
早めに会場に入られた方は、西の空に沈む前の土星を観察できてラッキーというファミリーもいらっしゃいました。また、夏の代表の大三角や、いつも定位置にいる北極星や北斗七星を始めとした星たちをときどき雲に顔を隠されてはしまいましたが、充分楽しむことができたようです。
一方、ビューテラスてんじんの室内観察会場も盛況で、Mitakaというパソコンを使った星座の説明にガイドの当意即妙のアドリブがあったりして、おおいに盛り上がっていました。ここみなかみ町の各温泉地を線で結ぶと北斗七星になる、なんてちょっとびっくりです。
次回の開催は12日の金曜日に予定されています。この日はペルセウス座流星群が見られるピークといわれているせいか参加予約はすべて埋まっておりますのでご了承ください。
なお、夜の会場は足元が暗いのでくれぐれも歩行にはご注意ください、上を見上げて転ばないように・・・  また、山の上はひんやりしますので上着一枚ご用意していただくことをお勧めします。


開催会場から山頂の天空に夜間は北斗七星を見ることができます 
null

 
今日の谷川岳
null

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。