以前の記事

2019年 05月
2018年 09月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月


                   

周辺観光案内(湯檜曽駅と土合駅)

2018年02月24日 16:33 カテゴリー:周辺観光案内
今日は周辺観光案内をひとつ

谷川岳ロープウェイまでのアクセス道路は国道291号線ですね。
弊社から最も近い温泉が国道沿いの湯檜曽温泉で、ここはアットホームないい温泉街です。
湯檜曽駅からも歩いて直ぐなのですが、ここでは珍しいループ線という鉄道遺産を見ることができるんですよ。

上越新幹線が開業する以前は上越線が東京と新潟を結んでいました。
この間の最大の難路は、上杉謙信も関東行軍では難儀した上越国境です。
群馬、新潟県境をまたぎ、谷川連峰を越えるこの区間には急勾配が連続しています。
今は複線ですが、昭和6年の開業時は、全長9702mの清水トンネル(最急勾配15.2‰)を挟み、湯檜曽〜土合間に「湯檜曽ループ線」、新潟側の土樽〜越後中里間に「松川ループ線」の2つのループ線(トンネル)を設け、国境越えの線路を敷設しました。
 昭和42年に完成した複線化が行なわれた際、水上〜土樽間は全長13,490mの新清水トンネルが掘削され、トンネルで直線的に一気に国境を越えることになり、このトンネルは下り線専用になりました。
最近「日本一のモグラ駅」「一生に一度は訪れたい駅第1位」で人気のある土合駅の下りホームはこの時に誕生しました。

現在、「湯檜曽ループ線」は上り線専用として存在しています。
ループ線の出口から湯檜曽温泉街の入り口にかかる橋梁を渡ると、湯檜曽駅の上りホームに到着します。
20180224-湯檜曽橋梁.jpg

 ループ線は一部トンネルから出た部分があり、ちょうど温泉街入口から見ることができ、ループ線を楽しく学ぶことができますよ。
 画像ですと赤丸で記載した部分ですが、ここから右に進み山ひとつぐるっとループ線をトンネルで回り湯檜曽橋梁に出てきます。
20180224-ループ線.jpg

土合駅上りホーム
20180224-土合上り線.JPG

国道291号線から土合駅入り口
20180224-土合駅冬.jpg

清水トンネル(川端康成 雪国)
20180224-清水トンネル.JPG
新潟からの上越線は土樽から清水トンネルに入り、この画像の出口から出て国道291号線を踏切で横断、土合駅の上りホームを経由しさらにトンネルに入り、上のループ線に向かいます。


ループ線は、技術の進歩で長大トンネルが掘削できるようになったことから、曲線が多く距離が長くなるループ線を使用しなくても緩勾配ルートが選定できるようになり、ループ線は減少しています。
弊社にお越しの際はちょっと注目してみてはいかがでしょうか?
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。